結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

プロポーズは待っているだけではなく、女性の方から引き出す

男性がプロポーズをしやすい環境づくり

交際期間がある程度まで行き、結婚が近いと感じ始めた辺りの女性は、彼がいつプロポーズしてくれるのか、やきもきしがちだと思います。

結婚はもう秒読みと言う段階でも彼が言ってくれないという事を強く気にしていて、不安になっている女性はとても多いのではないでしょうか。そういう女性に対して伝えたいことが、プロポーズを女性の方から引き出させるという点です。

はっきりと「結婚しよう」と言うのは非常に難しく、強い覚悟が無ければ出来ないことです。特に、お互いに結婚相談所で知り合ったとしても、絶対に結婚をOKしてくれるという保証は、男性の中にはありません。ほんのわずかでも断られる可能性があるなら、無理なプロポーズはしないのが普通です。

ですので、女性はプロポーズしても必ずOKする、絶対に結婚したいという事を間接的にでも伝えることで、男性が不安がることなくプロポーズすることが出来るのです。

例えば一番わかりやすいのが、結婚後の生活についての話です。具体的な事例を挙げて「子供は何人欲しい」とか、どういう家に住みたいか、家族でどういう事をしたいかなどがあると思います。鈍感ではない限り、結婚を切り出しても大丈夫そうと思うはずです。

もし何をしても男性の方からプロポーズしてくれない場合

ただ、やはり何をしてもプロポーズをしてくれないこともあります。そもそも彼が結婚を考えていない、恋人の関係だけにしておきたい、逆に女性の方からプロポーズしてほしいと思っているなどと言う場合もあります。

この場合は、何か不安な点があるようならそれを和らげて上げてください。結婚後もしっかりと支える、サポートするという気持ちを明確に伝えましょう。例えば今の時代では親の介護の問題があったり、職を突然失うという重いリスクも十分にありえます。

そういった事態に直面した時も、必ず支えて、助け合うという事を遠まわしにではなくはっきりと伝えてください。そうするときっと彼は結婚の不安、心配事を和らげることが出来ますよ。もし、そういう事があっても支えられない、支えたくないという場合は結婚はしない方が良いと思います。

ちなみに、ただ単純に優柔不断で、何となくという理由だけで結婚を迷っている場合はどうしようもありません。本当に強く結婚したいと思っていたら、多少強引にでもご両親に会いに行こうと提案してみてください。

結婚を少しでも考えている場合は、断る理由は無く、おどおどしながらでも顔を合わせることになると思います。両親と顔を合わせることで、覚悟を半ば無理矢理決めさせるのです。話の中で自然と結婚の話題になったりすると、もう後戻りはできないと思い、プロポーズは時間の問題になります。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら