結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

婚活希望者が増えた理由

現代は結婚しにくい

結婚式を挙げる資金はもちろん、共同生活をしていく中でかかるお金は、挙げればキリが無いほど多岐にわたり、子供が出来たらさらに増えていくものです。それは昔から変わりませんが、現代では景気が低迷し、終身雇用というシステムがほぼ完全に崩れてしまい、生涯の年収が昔とは比べ物にならないほど落ち込んでしまっているのです。

「結婚したいけど、いろいろと不安定な要素が多すぎて出来ない」と言う人の多さは、特筆するまでもありませんし、結婚しないまま一生を終える人も少なくないのです。この風潮は、どちらかと言うと男性に顕著に表れており正社員になるまでは結婚はしないとか、年収、貯金がある程度まで行かないと結婚はしないという男性が増えてきているというデータがあります。

女性側はお金に対してシビアになっているのはもちろん、自分も働きたいという人も増えてきており、晩婚化をますます加速させている原因になっています。結婚相手の条件で言えば、公務員のような安定している職業の男性を求める人が多いですが、現実にそういう男性はとても少ないです。高年収と呼ばれる、およそ年収1000万円以上の独身男性はい、平成23年ではわずか6%しかいません。

出会いが減った

また、そもそも男女の出会いが減っているという点もあります。昔は親戚からのお見合いの紹介だけではなく、近所さんや会社までも結婚相手についての話を持ち掛けるというのが、よくありました。

しかし近年ではそういった風潮が無くなりました。学生時代に知り合い結婚に至る場合以外では、友人からの紹介、合コンで結婚に至るというケースが目立ちます。合コンも友人からの紹介も、限界があり、交際は始まっても結婚につながる出会いまでは無いのがほとんどではないでしょうか。

そういったことからも、自分から積極的に出会いを求めようと、結婚相談所に行ったり、婚活パーティに出るなどで婚活をするという人が増えて来たのだと思われます。この風潮は近年で急激に高まっており、実に未婚者の4人に一人が利用したことがある、婚活をしたことがあると言われています。

自分の価値観を大切にしたい

男性も女性も、わずか数十年前と比べると価値観がガラッと変わりました。男性は家庭を守るのに加えて、自分のため、自己実現のために働くという人も多くなり、女性も仕事をしたいという人がどんどん増えてきています。

となると、男性も女性も、結婚すると自分の時間が激減するように思い、結婚に対してとても消極的になってしまうのです。女性は仕事の時間がなくなるとか、男性は家庭を守るのに大変になるなどです。実際、結婚してみると思っていたよりも大変だったから、一旦別れるという離婚者は身の回りにも少なくないと思います。

自分のことが一旦落ち着いて、結婚と言う事を考え始めた時には、すでに婚期を逃していたという事はザラにあります。女性の社会進出、価値観の変化と婚活はとても強い、切っても切り離せない関係があるのです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら