結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

愛される女性・結婚したいと思われる女性になる

こんな女性は、いつでも愛される

男性は「この人と結婚したら楽しい日々が待っていそうだ」と心から思った時、結婚を決意できます。逆に、女性からたくさんのダメ出しをされたり、一緒に過ごしていても退屈だったり、ワガママに振り因されたりすれば、男性はその相手との結婚を決意できません。「居心地のよさ」を感じられないからです。そして、そんな彼女から、もし結婚のプレッシャーを感じたら、その男性は別れを考えるはずです。

「この人と結婚したら楽しい日々が待っていそうだ」と思わせるには、付き合っている時に、居心地のよさを与えることが重要です。居心地のよさというのは、結婚においては最も重要なことで、しかも、とても奥が深い。そしてまた、居心地のよさを提供できる女性は少ない。

20代前半では、居心地のよくない女性であっても容姿の魅力でモテたりするが、30歳が近づいてくると、この能力に大きな差がついてくる。そして、女性としては地味ながらも、結婚相手として選ばれる女性は、この能力の高い人が多いと感じる。女性が結婚のために自分を磨くなら、まずはここだろう。男はどんな時に居心地のよさを感じるのか。

男性の“気遣い”を素直に喜ぶ女性

多くの男性は、目の前にいる女性を少しでも魅力的と感じたら、その女性を喜ばせたいと思います。もし、あなたを喜ばせない男性がいるとしたら、それはあなたに否定されるのを恐れているか、どうしたら喜ぶのかわからないので何もできないか、あるいは、あなたに興味がないかです。たとえ、あなたに興味がなく、喜ばせようとしない男性でさえ、彼の言動にあなたが喜べば、彼はあなたに好感を持つようになるでしょう。

男性から見ると、女性を喜ばせるのは大変です。女性は「厳しい審査員」でもあるから。彼らは日々、女性をどう喜ばせればよいかを考え、実践しています。女性をうまく喜ばせられない男性は、自分がつまらない、価値のない男だと感じ、元気を失ってしまいます。

男性は、女性を喜ばすことに成功すれば、強い快感を得て、失敗すれば、強い失望感を持ちます。だから、男性は女性を喜ばせるために、いろいろな方法を考えたりします。面白い話やレアな情報を話したり、女性を褒めたり、あるいは逆にイジったり、自分の不幸な身の上話を打ち明けたり、斐な人物を装ったり、哲学的な深い話をしたりもします。

それでも喜んでもらえない場合、ついに女性を避けるようになる男性もいるかもしれません。目の前にいる女性に否定され、自分は無能だとつきつけられるのが怖いからです。

一方で、女性は自分を楽しませることが大好きです。旅行に行ったり、グルメに走ったり、ワインに詳しくなったりすします。男性がサパイパルスキルを身につけ、女性を楽しませようと頑張るのに対し、女性は見た目を磨き、自分を楽しませようとします。

就職して収入が増えていくにつれ、女性は自分で自分を楽しませる機会が増えていきます。二十代前半では、酒落た居酒屋で珍しい刺身料理を食べるだけで喜んでいたのに、何年か経ち、多くの女性は、そのような刺身料理でさえ一度は食べたことがあり、感動できなくなります。

その結果、比較的多くの女性が、年齢とともに、一緒に食事に行ったり、プレゼントをもらっても喜びにくくなる。ワインに詳しくなったり、海外旅行をたくさんしたり、様々な費沢を覚えることで、いざ男性が女性を喜ばせようとしても、女性は喜ばなくなる。

これが年齢とともに、女性がモテなくなる一つの理由でもある。モテる女性は、いつでも男性がしてくれることに素直に喜べたりする。ちょっとしたことで感動したり、ちょっとした優しさに気づいて感謝したり、簡単にキヤツキャ、キヤツキャ喜んだりできるのです。

あなたが男性から選ばれたいなら、まず賛沢を止めることをおすすめします。質素で静かな日々を送ることで、男性のやさしさを素直に喜べるようになるはずです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら