結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

「おしゃべり上手」より、「同調」が大事

モテるためには話してて面白い、ネタが豊富とか、切り返しがとても上手いなど、会話力が大切になるのは言うまでもありません。

しかし、そういった会話力よりも遥かに重要な要素があります。 それは「お互いに気持ち良くなるのを心がける」という事です。

モテ技術ですので、まずは相手を気持ちよくさせるのを心がけてみましょう。 心がけると言っても、同調と笑顔を忘れずにするだけで大丈夫です。

同調と笑顔が上手くできれば、モテるための会話には何も困りませんし、ネタなどは全く問題にならなくなります。

キャバ嬢の会話での「同調」

通常、人間は罪悪感などの気持ちが無い限り、自分そのものや自分が話したことを否定されるのは嫌がります。 自分にとって居心地のいい場所、環境を専門用語でコンフォートゾーンと呼びます。

その人のコンフォートゾーンに入れる人間は自分を真っ向から否定しない人間はもちろんのこと、自分を認めてくれる人(自己承認の手助けをしてくれる人)は優先的にコンフォートゾーンに入れます。

もっともな例が、自分と同じ趣味の人を好み、話しやすいという人です。 自分と同じ趣味は話が合うという事以前に、自分を認めてくれる可能性が他の人よりもぐっと高いためです。

真正面から全てを肯定、承認してくれる人ではなくとも「自分と同じ」「自分と合いそう」と感じるだけで好きになりやすいのです。

このことを上手く利用できて相手に取り入るのが非常に上手なのがクラブのホステスや、キャバ嬢と言った人たちです。

キャバ嬢の会話スタイル、性格、売りによっても異なるためピンキリではありますが、銀座でトップクラスの人気を誇るキャバ嬢はとにかく相手を尊重することに尽きると後輩に教えていると言われています。 尊重することの基本は何といっても「同調」にあります。

話題に対しての返事をするのも大事ですが、それよりも相手の持つ考えに対しての理解と共感を優先して、相手に話してて気持ちが良い、居心地がいいと思ってもらえなければ数多くの指名はもらえません。

キャバ嬢たちは相手の愚痴に対してでも共感、同調すると言われています。 「一致感」と呼ばれており、自分はどれだけ相手の意識、気持ちと合っているか、どこが違うのかを常に会話の中で意識していると言われています。

確かに、話にストーリーを持たせたり、自分のことを話したりという会話テクニックもありますが、婚活ではそこまではあまり気にしなくても良いかと思います。 ただし、最初に書いたように笑顔は忘れないでください。

コミュニケーションの場において笑顔は絶対に欠かすことは出来ませんし、笑顔が無いと非常に印象が悪くなってしまいます。 同調と笑顔を意識して会話してみると、いい結果が生まれるかもしれません。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら