結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

「結婚出来ない人」は自分のどこを直せばいいのか

結婚できる、できないの違いはズバリ許すことが出来るかどうかだと思います。
許すというのはここでは妥協と言う意味に近いことを指します。

結婚できる、できないの違いはズバリ許すことが出来るかどうかだと思います。
許すというのはここでは妥協と言う意味に近いことを指します。

妥協と言ってしまうととてもネガティブで、屈辱的なことを思い浮かべる女性も多いかもしれませんが、自分の努力の結果を全て受け入れるという意味で、決してネガティブな意味が入っているわけではありません。

そもそも妥協とは、2つの違う事柄の中間をとって、折り合いをつけるという意味です。

婚活に当てはめてみると、現状、相手を受け入れる=許す=妥協となっても差し支えないと思います。

反対に考えれば、受け入れない=許さない=妥協しないとなります。
どれほど美人で性格が良くても、求める条件が高い=許せる相手がいないという事では、結婚はとても遠いところにあるままです。

男を見る目がある女性は強い

結婚を難しくさせる原因はいろいろありますが、一番の原因は一番自分に見合っている相手と出会っても、自分と見合っていると分からないという事です。

結婚相談所のカウンセラーやコンシェルジュさんが、良い異性を紹介してきてもその異性が「この人とは駄目だな」と思ってしまっては交際は出来ません。
出会う相手のレベルが、そのまま自分のレベルとは限らないのは周知の通りかと思います。
このレベルを結婚偏差値と呼んでも良いと思います。

よくあるパターン、一番ベタなケースが自分より遥かに高い結婚編札の持つ男性を求めたり、逆に低い結婚偏差値の男性を「謙遜」から受け入れてしまうという事です。

このうちの前者は、言うまでもないですよね。相手の方から見向きもされないで終わるのが大半です。

問題は後者の、自分よりも偏差値が低い異性と交際をして、許してしまった場合です。
謙遜してわずかな欠点なら問題ないと思っていても、自分の持つ偏差値と大きな差が開いていたらどうしてもストレスとして溜まっていってしまいがちです。
最終的には破局することも少なくなく、ただでさえ貴重な時間を無駄に費やしてしまうのです。

結婚できるかどうかで、許す=妥協はとっても重要と書きましたが、やはり何でも許した方が良いというわけでは決してないのです。自分の理想とあまりにも違う、レベルに差がある相手と結婚をするのは好ましくありません、自分のレベルに合った相手のことを許すようにしましょう。

そのためには自分を知ることが絶対的に必要です。
自分を知ることは男性を見る目に完全に直結するものです。自分が分からないと、相手の妥協点や良いレベルが不透明なまま婚活を進めていかなければなりません。

自分を知って、自分がどういうレベルなのか、相手にはどういうレベルを求めるのかを探るはもちろん、婚活の中で自分のレベルを高めて行くのも大いに有効です。
1年ほど時間をかけて自分を高めていけばかなり視野、妥協点が広がっていくかと思われます。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら