結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

婚活に行き詰まってしまったどうする?

婚活はたいがいは数日では終わりません。数か月、数年という時期をかけて行うものです。なので婚活に疲れることも少なくありません。

単純に失敗続きだったり、そもそも異性が苦手で顔合わせまでいけないなど、疲れの解消法、対策も分からないままに日常生活に支障をきたすほどまで進行することもあり得ます。

もし、うつ状態まで進行している場合は婚活のことなどを考えず、うつの治療に専念するべきです。 問題は、うつ状態まではいかないが、婚活と言うものに疲れてしまって足踏みをしているときです。

婚活に疲れてストレスで心が折れそうだけど何とか頑張れそうという人も少なくありません。そういった時にどういう対策、方法を取れば、良い方法に行くのかを考えてみましょう。

立ち止まることは状況を悪化させるだけ

よくあるのが「疲れたから一旦しっかりと休んでから動き始めよう」と言うものです。 今まで婚活をせずにここまで際丈ですから、婚活を一切しない生活に戻ったら再び出会いの無い時間を過ごすことになります。

婚活を休んで、自分磨きなど将来に役立つことをするなら良いですが、完全に休むとなると貴重な時間をただ無意味に過ごしてしまいます。

休みながら前進する

やはり、婚活と言うのは出会いがあるかないかに直結するものです。コツコツ、細々とで十分ですので前進するのが一番お勧めです。

婚活では時間が過ぎるという事は自分の理想、偏差値を下げることになるので、長くは休まず、ゆっくりとでも良いので継続して活動をしましょう。 婚活にまつわるものを一切やらないというのは、長くても1か月程度にとどめてください。

1か月のうち2週間一人で遊んでリフレッシュして、残りの2週間は婚活に戻るというのはとてもベストな方法だと思います。

婚活の方法を変える

休む以外で良い方法は、やはり出会いの場を変えることです。 前項でも書いたように出会いがあるかないかは婚活ではまず第一のポイントになります。

ネットで上手く異性との出会いが無かった人が、パーティーに出たらとても簡単に仲良くなれたという話は良くあります。 これは単純にネットでのプロフィール作りが下手なだけで、会って話した方が楽にコミュニケーションが取れたという事です。

わざわざ難しい場所、不利な場所で婚活を続ける必要はありません。 無理して神経を使い、精神力を試すようなことをしないで、様々な婚活場所に顔を出してみてください。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら