結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

過去の恋愛の失敗を無駄にせず、新しい相手の男性像を分析する

これまでの失敗を繰り返さないように

過去の恋愛で失敗してしまったことを繰り返さないように、これまで失敗してしまった原因だと思われることを書き出してみましょう。それによって、次の恋愛では同じ失敗を犯さない反面教師にすることができます。

例えば急に相手の転勤で住居が遠くなってしまったことで別れてしまったような不可抗力なケースは別ですが、自分に原因があると思った場合は、今後はそれを改めることで同じ失敗を繰り返すことが無くなります。

またお互いに忙しくなってしまい、そのうち自然消滅してしまったようなケースもあると思いますが、そのようなことが起こらない為に今後は定期的に連絡を取り合うなどの対策を考えるなど、過去の失敗から学べることも多いです。

現在の相手が結婚を考えてくれない場合

現在付き合っている相手がいる場合でも、その相手が結婚に対してあまり進んで乗り気ではないことがあると思います。

このような場合の男性側の原因として多いのは、経済力です。男性は結婚をした後に自分だけの収入で生活していけるのかが心配で、結婚に踏み出せないことがよくあります。

これを解決するには、結婚や出産をした後も仕事を続けたいとアピールをしてみると、意外と効果があるかも知れません。

結婚相手の男性像の分析

結婚相手として考える男性像はそれぞれ違うと思います。結婚するということは、夫婦になるということです。自分の夫としてふさわしいと思える男性像を思い浮かべてみましょう。

もちろん色々な条件があると思います。例えば趣味が合う人がいいと思ったり、自分の仕事に対して理解を持ってくれる人がよかったり、価値観が近いことが一番だと考える人もいると思います。

夫婦になると、普段の生活を共にすることになります。その中では趣味が合う人や価値観が近い人の方がもちろんうまくいく可能性が高いでしょう。ですが夫婦には役割分担というものがあります。例えば日々の家事に関しては、両方がそこそこに行うより、片方がそれに特化していた方が無駄な衝突を起こすことが少ないと言えるかも知れません。

このような色々な点から、自分にはどのようなタイプの男性が結婚相手として合うのかを考える必要があります。

ゆずれない条件もあると思います

結婚をする相手が全て自分に対して全て有利な条件を備えているとは限りません。ですので時には譲り合うことも大切です。

ですが、中にはどうしてもゆずれない条件があると思います。これは最大でも3つに抑えることで、婚活がうまくいく要素になると言えます。

3つでは少ないと思う人もいるかも知れませんが、そこまで絞ることで、今までは対象外だと思っていた人が突然対象として上がってくることも考えられます。それにより、婚活の幅が広がっていくのです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら