結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

「もっといい人がいつかもしれない」と、結婚相手を選べない時

結婚相手は“人生最高の出会いの人”でなくてはいけないの?

今、結婚相手に選ぽうとしている人より、もっと自分にぴったりのいい相手はほかにいるのかもしれない。しかし問題は、その「もっといい人」が目の前にいないことです。

探して見つかるというものでもないから、その人と出会うためにはひたすら機会を待つしかありません。もちろん、「もっといい人」はきっといるはずだと信じ、その人を待ち続ける人もいますし、そういう生き方も否定されるべきではありません。

同じように未来の可能性をあきらめ切れないケースでも、もっと冷めた打算が働いていることもあります。たとえば、「たしかにこの人は結婚相手として悪くない。でも私にはもっといい出会いがあるかもしれない。ここで手を打ってしまっては、新しい出会いの可能性を放棄することになる」というようなことです。

それとは逆に、以前つき合っていて、別れてしまった人への思いを再燃させる人もいます。結婚しようという段になって、相手のほんのわずかな不足にぶつかるたびに、「あの人はこんなじゃなかった。私は最上の人と別れてしまったのだ」と過去の思いに引きずられてしまします。

例えて言うなら、結婚とは二人でつくる企業体、または組織に入るようなものである。

その企業体を育て、運営していくのは二人である。企業体の構成員としての資格条件に欠けるのでない限りは、相手が誰であっても致命的な問題ではありません。要するに「もっといい人」に出会ったからといって、幸福が保証されるわけではないということです。

人生には交通事故死、倒産、病気、残業の連続など予期せぬことが生じて、「こんなはずじゃなかった」ということがありえます。このへんで手を打っかという程度で選んだ相手と予期せぬ人生の栄光に恵まれることもあります。自分の選んだ人生コースをどういう風にすれば、自分と相手にとって意味のあるものになるかを考えることが大事である。

なので、結婚相手は、その人が一生のうちに出会う中で最高の人でなければならない理由はまったくないのです。また、今回の前にいる相手が最高の人ではない、といい切ることもできないはずです。

相手を選ぴ、必要な条件を確認し、互いの役割、権利と義務の契約を結んだのちは、この与えられた条件の下で、二人していい人生をつくるためにまず結婚するしかありません。

むしろ重要なことは、前の人のほうがいいとか、これから出会う人のほうがいいかもしれないなどと相手をはかるようなことをするより、自分の人生計画をしっかりともち、その人生計画を実現するのに、この人は何をしてくれるかと確認することです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら