結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

スーパーキャリアウーマンも依存型の女性と同じく高収入男性を選ぶ

自立したキャリアウーマンも自分以上の収入を男性に求める

スーパーキャリアウーマン、時々いますよね。仕事ができることはもちろんのこととして、美人でスタイルが良く、おしゃれ上手、気配り上手で社交的、趣味の幅も広くて、その上、お料理も上手でホームパーティーなんかもお手の物。

一般に女性は女性に対して採点が辛いものですが、そのような彼女たちには憧れてしまうものです。しかしながら、不思議なことに、そのようなスーパーキャリアウーマン・タイプの女性も、結婚したいのにできない組の中にいることが多いという現実があります。それは、なぜなのでしょうか。

実は、スーパーキャリアウーマン・タイプの女性は、自分が何でもできてしまうことが災いして、結婚相手の男性に自分と同じか、自分以上のスーパーな男性を求めがちです。

条件のそろった高収入男性は絶対数が少ない上に、そういう男性が求める女性は旧来型の控えめな大和なでしこタイプだったりします。きつい言い方をすると、望むタイプの人たちにとって、タイプじゃないという現実がそこにはあります。

また、条件のそろったス高収入男性との結婚を望む女性は、スーパーキャリアウーマンだけではありません。主婦になることが夢と公言してしまうような、依存型の女性もそういった男性を望みます。

スーパーキャリアウーマンと依存型の女性、すなわち、自分が男性を養えるほどの経済力を持つ女性と働く意欲はどこかに捨て去り養ってもらうことしか考えていない女性、一見、真逆のように見える彼女たちの男性の好みは驚くほど、似ています。

とはいえ、頭の切れるスーパーキャリアウーマンは、依存型の女性とは異なり、年収はいくら以上で、職業はこれとこれとこれのうちどれかじゃないと的な頭の軽さ丸出しの発言はしません。その代わり、「友達に外国の方が多いので最低英語は話せないと困るかもしれません。」とか「お互い高め合っていける相手が良いので…」とか、最初の頃こそ、ご縁があれば誰でもと言いつつも、徐々に高跳び並みにハードルを上げてくるのが常です。

もちろん、彼女たちの気持ちも分からないわけではありません。彼女たちもまた、なるべくしてスーパーになったのではなく、そうなるために努力してきたのです。だから、自分の相手にもスーパーであることを望むのです。だから、依存型の女性が条件のそろった男性を望むのとは、訳が違います。

その上、70年代半ばくらいまでに生まれた方であればなおのこと、現代の白馬の王子様を見つけたいと願う傾向にあるようです。不幸中の幸いという言葉がありますが、スーパーキャリアウーマンと70年代半ば前後の生まれが重なると、不幸中の不幸と言っても良い程の状態に陥ってしまうのかもしれません。

依存型と片方を言っているので、その対極にあるキャリアウーマンタイプの方は自立型と言って良いのかと思いますが、自立型の女性が仕事に頑張っている間に、結婚相手を探すのを頑張っていた女性たちがいます。

そして、後者の中で目の利く女性たちが、全てを兼ね備える男性になる人たちを青田刈りしています。既婚者に魅力的な人が多いのはそのためです。このようにして、依存型と真逆にあるはずの自立型の女性たちも、結婚できずに時を流れていくのです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら