結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

働く女性の結婚観

「家事手伝いをしています」という女性は最近では、あまりいなくなりました。また、勤め先で、結婚相手を見つけ、数年で寿退社する女性もあまりいないです。

多くの女性は、正社員、派遣やアルバイト、パート等々の雇用の形は違うけれども、その会社では、なくてはならない存在として働いています。お見合いの話があったとしても、仕事が忙しくて出たくても出られないといいうことがよくあります。

男性と同等のキャリアを積んでいる女性に「結婚しても仕事を続けますか?」と聞くと、「仕事を続けたい」という答えもありますが、意外にも専業主婦を選ぶ答えが多いのも事実です。

女性の専業主婦志向は、昔から変わらずに一般的に定着しているようです。あえて、変化があるとすれば、結婚に踏み出す時期が、どんどん後ろに下がって、晩婚化が顕著になっていることです。

女性にとっては、29歳から30歳の節目に仕事が順調にキャリアアップでき、楽しくなってきた頃は、結婚したいという気持ちがあまりない傾向にあります。ところが、34歳~35歳の節目を迎えるころには、「結婚」をかなり意識するような変化が生まれます。結婚して、子供を産んで、家庭を持ちたいという願望が強くなっていきます。

35歳という年齢は、女性には、大きな岐路というか、ターニングポイントになる場合が多いです。

30代、40代と年をとるごとに女性はプライドを守ることに疲れていきます。4人に1人が不眠に悩まされているという統計もあります。

悩みや、日常的に疲れやすい女性が多い中、スピリチュアルや占いが流行るのも納得できます。要は何かに頼って癒やされたいということです。

最近は、「俺についてこい」的な男性よりも、話をしっかり聞いてくれる男性の方が受けがいいのも頷けます。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら