結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

婚活の成功法則は、絞り込んだターゲットに、積極的に行動すること

ターゲットを絞ってピンポイント攻撃

お見合いのもう一つのチャンスは自分からお見合いを申し込むこと。この場合も、素早く、自分の気持ちを伝えます。

「この人とお見合いしてみたい」と思えば、すぐにカウンセラーに自分の気持ちを伝え、オファーをかけてもらいましょう。自分の方から申し込むことは、プライドが許さない、特に男性にそういう人が多いのですが、自分からは一切オファーをかけない人がいます。

実際にあった話ですが、30歳後半の商社のエリート社員。会社は大手、年収もいい、センスもルックスも悪くない、両親は健在で次男の彼と同居の気配はなし、条件はなかなかのもので、初婚です。彼は、女性からの申し込みには応じるのですが、自分からは一切、申し込みをしません。やる気がないのかというと、そうではないのです。

早く結婚相手を見つけたいのです。女性に対する好みもノーマルで、明るく、できれば、自分が内向的な性格なので、快活で社交的な人と出会いたいといいます。この条件、だと探す方もラク、条件に合う女性はたくさんいます。

いい人を選んで、「どうですか?」と勧めるのですが、「ボクの方からは申し込まないでください」の一点張り。自分から申し込んで断られることに、プライドが許さないというのです。

過去に、自分の方から結婚を申し込んだ相手と、苦い経験があったそうです。相手の申し出を待つだけではお見合いのチャンスが少なくなります。条件がいいので、女性からの申し込みはときどき入るのですが、なかなか彼のフィーリングに合う女性に巡り会えません。

これは当然のことです。「待てば海路の日和あり」で、のんびり待っているだけでは、結婚相手はなかなか見つからないのです。恋愛だって、愛情表現が出来ない人、しない人は好かれません。

「ずっと貴女と一緒にいたい」という気持を常に表現しなければ、彼女の心は「行方不明」ということもよくある話です。結婚はなおのこと。ターゲットを絞り込んで、ヒンポイント攻撃。

そうでなければ、なかなか希望の人には出会えません。結婚相談所には、膨大な登録データが陽の目を見るのを待っています。効率よくターゲットを絞り込むのに、ここを利用しない手はありません。下手なプライドは捨てましょう。積極的に、果敢にアタックです。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら