結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

「アラサー予備軍」20代男女の婚活のすすめ方

女性は自分を磨いて、男性は女性に慣れましょう

20代から婚活を開始する女性は、専業主婦になることを考えている場合が多いです。また結婚をした後も仕事を続けていきたいと思っていて、子供ができたタイミングで家庭に入るということを望んでいる場合も多くあります。

女性はこの20代のうちはすぐに気に入った相手を見付けて付き合って、もし別れたとしてもまたすぐに気に入った人が見付かるといったことを繰り返す傾向がありますが、それよりも相手から気に入られると、その相手があまり自分の気に入るようなタイプではなかった場合でも、その人なりのいいところを発見して好きになってしまうことがよくあります。

もちろん相手から気に入られる為には自分を磨くことが大切です。その為の努力を惜しんではいけません。自分が魅力的になるほど、自分を気に入ってくれる男性も多くなります。それによって必然的に出会いの機会も多くなると言えるでしょう。

このように20代の女性は、自分から相手を気に入ってお付き合いを始めるケースより、自分に対して積極的な人を選んでお付き合いをする傾向があります。これに対して男性の場合、この年代ではまず女性に慣れることを考えましょう。

例えば街中でもナンパも、その方法の1つです。いくら断られようと、まずは女性への声の掛け方などを学んでください。これは今後の婚活において何もマイマスにはなりませんし、むしろここで慣れておくことで、婚活パーティーなどで気に入った女性に自然に声を掛けられるようにもなります。

この年代の男性は、女性とのコニュニケーション能力を鍛えることを一番に考えてください。またこの年代だからこそ、いくら振られようと、それは後々のいい思い出にもなります。決して失敗を恐れてはいけません。積極的に多くの女性に声を掛けて、経験を積む時期だと言えます。

「アラサー」30代女性の婚活のすすめ方

お見合いで内面を磨きましょう

女性はこの年代になると、結婚を前提としたお付き合いを真剣に考え始めます。20代の後半で真剣に付き合っている男性がいる場合、そのまま結婚してしまった方がいいかも知れません。もっと自分に合った人がいるかも知れないなどと考えていると、すぐに30代の後半になってしまいます。

この年代の女性は、職場でもそれなりの立場になっていることが多くあります。その場合、自由に使えるお金もあり、それを色々な遊びや自分磨きに使っている人も多いでしょう。ですが結婚を考えている場合、そういったことはそろそろ控えて、色々な人とお見合いを行う時期です。

もちろん外見を磨くことも大切ですが、それ以上にお見合いによって自分の内面を磨くことを考えてください。多くの男性を知り合い、色々な話をすることで、自然と内面が磨かれていきます。

またこの年代で婚活パーティーなどに出席する男性は結婚に対して積極的なことが多いですが、35歳を過ぎると途端に相手にされなくなってしまう傾向があります。

これは男性は40代や50代になっても、女性は35歳までと考えていることが多いです。これには原因があり、35歳を過ぎると高齢出産になってしまうからです。その為、結婚をするならその年齢までの女性と考えている為です。

このアラサー世代の女性は仕事も遊びも面白くなっていて、婚活はつい後回しにしてしまいがちですが、結婚を考えている場合は35歳までに何とか相手を見付けることが大切になります。

「アラサー・アラフォー」30代・40代男性の婚活のすすめ方

30代アラサー男子は出会いの場を多く持つように

この年代の男性は、仕事が忙しいことが多いです。その為、婚活どころではないと考えてしまうかも知れませんが、男性が一番魅力的な時期でもあります。真剣に結婚を考えて婚活をするならこの時期です。

その為には積極的に婚活パーティーなどに参加する必要があります。仕事が忙しいのは分かりますが、それを言い訳にしてしまっては結婚など到底望めません。仕事が終わった後に合コンに参加するなど、少しでも出会いの機会を多く持ちましょう。

また結婚して家庭を持つことで社会的な信用が上がり、それによって仕事がしやすくなることや、住宅ローンなど高額のローンが組みやすくなるという点があり、この年代の男性は結婚することで、仕事や自分にとってプラスになる要素が多くあると言えます。

このように将来的に結婚を考えている男性は、早く結婚しておくに越したことはありません。仕事と婚活の両立は大変ですが、それを頑張る体力もある時期です。積極的に出会いの場に参加することを考えましょう。

アラフォー世代は一度一度の機会を大切に

この年代の男性になると、正直なところ、結婚には経済力が一番問われます。それなりの経済力があれば、まだまだ女性との出会いも多くあります。

ですが決して経済力が全てではありません。この年代だからこその落ち着きや包容力をアピールして、女性をうまくリードしてください。それによってはいい縁に恵まれるかも知れません。

注意しなくてはいけないのは、いい相手が見付かった場合に、他にもっと自分に合う人がいるかも知れないなどと考えてしまうと、二度とそのような出会いはないかも知れません。この年代の男性は一度一度の出会いを大切にしてください。

「アラフォー」40代の婚活のすすめ方

ひと昔前は「クリスマスケーキ」など揶揄されて、20代半ばになれば結婚しなければならないという圧力に晒されて大変な思いをしたものですが、最近はそのような考えも薄れ、独身でいても特にプレッシャーを感じない人も多いのではないでしょうか。

そのため最近ではいわゆる「アラフォー」という年代になって初めて結婚したいと考え婚活に参加する人も増えてきました。しかしアラフォーにはアラフォーの戦い方があります。若い頃と同じような作戦では結婚まで至ることができないのです。

結婚相手の条件の幅を広げましょう

「結婚するなら自分よりもスペックが高い男性がいい!」

「結婚するなら自分よりも3歳ぐらい年上がいい!」

あなたの頭の中にこのような考えがこびりついているのであれば、今こそ捨て去る時です。結婚相談所には多種多様な人が登録していますが、40代以上という年齢で探そうと思ってもなかなか思うように見つかりません。

しかし少し条件を緩めるだけで多くの人との出会いが期待できるのです。
例えば離婚経験は結婚相手の条件として敬遠されがちですが、40代以上ともなれば全体に占める離婚経験者の数は多くなります。

20代の婚活であれば「初婚」を条件に挙げるのもわかりますが、40代からは作戦を変えてこの条件を外すことも考えた方が良いでしょう。

ただ相手に子供がいる場合や離婚原因が登録者である場合、結婚しても長続きしないケースもありますので注意は必要です。

お見合いパーティーでは好感度アップを狙え

結婚相談所は確かに婚活において便利なツールですが、年齢や収入などの条件だけで判断されてしまうためアラフォーの人にとっては不利に働くことが少なくありません。そこでお見合いパーティーに参加する際には男性に好まれるような上品な服装で参加するようにしましょう。

条件だけではあなたに見向きもしなかった男性があなたの見た目に惹かれてアプローチをしてくれるかもしれません。そうすれば出会いを一つ増やすことができるのです。

「過去録」をたどってみよう

最近はFacebookなどのSNSの流行により、以前よりも旧友を辿ることが困難ではなくなりました。そのため同窓会が企画されることも以前より多くなっているのではないでしょうか。同窓会では参加者とはもちろん親交が深められますし、「隣のクラスだった佐藤くんはずいぶん前に離婚したらしいよ」とか「丸山くんはまだ独身らしい」などの情報が得られるかもしれません。

また、何十年ぶりに会ってみたら学生時代には気づかなかった魅力に気づくなんてこともあるかもしれません。このような場合「青春時代を共に過ごした」「地元が同じ」という共通項からお見合いパーティーなどで出会うよりも親しくなりやすいのではないでしょうか。

バツイチの場合

最近は全婚姻数のうちおよそ25%が再婚とも言われ、再婚自体珍しいものではなくなってきました。「バツイチ」という点を負い目に感じている女性は負い目に感じることなく堂々と婚活に臨んでほしいものです。
最近は再婚に力を入れた結婚相談所もあるようですので、そういったところで婚活をするのも良いでしょう。

最後になりますが、男性を見るときに外見だけで判断するのは短慮と言えます。服のチョイスがおかしかったり、やけに老けて見えたりするのはそばにいる女性によってどうとでも変えることは可能です。

見た目よりも人生のパートナーとして重要なのはその人の中身です。婚活をしているとどうしても次にいい出会いがあるかもしれないといつまでも相手を探してしまうものですが、腰を据えて相手を見定めるようにしましょう。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら