結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

「結婚」と「恋愛」の違いを理解する

本気で結婚を考えているのなら「恋愛相手」ではなく「結婚相手」を探す

自分が本当に結婚を望んでいるのか、それを整理するために、「結婚」と「恋愛」についての違いを考えてみましょう。 そして、自分がいったいどちらを望んでいるのかはっきりさせることが、結婚に近づく第一歩と言えるでしょう。

「恋愛」とは、文字通り恋をすることです。ときめきや恥じらいや、緊張感などが、恋の醍醐味と言えます。相手がどんな行動をとっていても、顏やスタイル、声、どこか惹かれるところがあれば、成立するのが「恋」でしょう。

しかし、残念ながらそれは、同じパートナーで長く継続させることは、不可能に近いのです。逆に言えば、対象を変え続ければ、恋心は持続可能です。別れはしばし辛くとも、新しい人と付き合う度に、新鮮な恋愛が楽しめるのです。パートナーを変えること、それは結婚とは真逆だと言えますが、それもひとつの人生でしょう。

これがもし「結婚」であれば、恥じらいや緊張感が常にあったのでは、長い人生、落ち着いて生活を共にすることはできません。分かりきったことでありながら、混同してしまう女性が多いことも確かです。

恋愛関係の中で女性が年齢を重ねていくと、結婚を意識するようになります。30代を迎え、40代に近づくごとに、結婚への焦りが生じてきます。そして、現在付き合っている男性との結婚を手っ取り早く望むようになります。もちろん、恋しているからとも言えますが。

一方、恋愛関係からいきなりの結婚話に戸惑う男性も多いのです。「なかなか両親に会ってくれない」、「きちんと就職してくれない」など、女性側の悩みはつきません。極端な話では、「結婚の話を持ち出そうとしたら、別れを告げられた」ようなケースさえ少なくありません。

「恋愛」から「結婚」への急転換というものは、たいていの場合、無理があります。「恋愛」ならば、好きという感情だけで一緒にいることができますが、「結婚」となると、お互いを守る覚悟と責任が必要になってきます。

「結婚」を早く望んでいて、もしこれからパートナーを探すのであれば、「恋愛」感情はひとまず横に置いて、この「覚悟と責任」を共有できる相手を探すことが大切だといえます。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら