結婚相談所ランキング
口コミ総数:89
プロフィールの書き方

魅力的に思われるプロフィールを書くために

希望の条件を細かく書かない

婚活とは理想のパートナーを見つけるための活動です。
年齢、身長、容姿、職業、年収、などなど数多くの条件があるのは当然ですし、お金を払って結婚相談所を利用するならなおさら細かく決まっていってしまうと思います。

しかし、だからと言って全て正確に、こと細かく書くのはあまりお勧めできません。
嘘をつかずに本当に全部強く希望しているとしても、異性から見たら一個でも当てはまらない場合は「自分は違うな」とか、人によっては「横柄でわがままな感じ」「完璧主義そうで結婚してから大変かも」という印象まで持たれてしまいます。

全て希望通りの異性が見てくれていても、印象が悪ければ出会えません。
プロフィールはあくまでも出会いの最初のきっかけにしか過ぎません。わざわざハードルを上げて、出会いの幅を狭き門にするのではなく、出来るだけ多くの人に興味を持ってもらう事で、良い出会いが生まれる確率が高くなるのです。

ネガティブな言葉は厳禁

ネガティブな言葉は、人を無意識のうちに遠ざけてしまうものです。 結婚相談所のプロフィールで絶対にしてはいけないのが、ネガティブな表現をすることです。

例えば最も多いのが「出会いが少なくて困っています」とか「人付き合いが苦手です」など、自虐的な表現です。 へりくだって書こうとして、このようになってしまう人はとても多いのです。 この点だけを読んでみると愚痴っぽい話し方をするタイプだとか、物事を素直に捉えず、ネガティブに思ってしまうタイプだと受け取られても仕方ありません。

欠点をさらけ出して正直に書こうとするのは良いですが、やはり、出会いのためにはよほど留意していてほしい点以外なら書かない方が良いかもしれません。

人柄、性格がある程度イメージできるように書く

結婚で年収やルックスと肩を並べるほど重要視されている点が、性格、人柄の良さです。 どれだけ格好良く、年収が高くても、性格や価値観がまるっきり正反対ではためらってしまいます。

結婚を決めた理由のアンケートでは、ほぼ毎回、どんな結婚相談所でも性格がよかった、合ったという人が大半になっています。 婚活のプロフィールを書くときにも、これは当てはまります。 例を挙げると趣味や特技などを書く際、簡潔な一言で「趣味は読書です」とするだけではなく、自分の性格や人柄が伝わるように書いてみましょう。

具体的には「毎週○曜日、必ず図書館に行って本を返して、新しい本を借りています」とか「タブレッとかやスマホを持ち歩いていつも電子書籍を読んでいます」などがあると思います。 二つとも趣味は読書と言う点では変わりませんが、その人の人物像はとてもイメージしやすいと思います。

直接会えばわかることはたくさんありますが、プロフィールの文章だけで自分を伝えるのはとても難しいと思います。 出来るだけ、具体的に書くようにすると良いです。

嘘のことを書かない

異性によく見られたいのは誰でもその通りです。 特にありがちなのが、料理は得意と書いてしまう女性、深く知らないのに女性受けしそうな趣味を書く男性などです。

異性にとって良いことを書き連ねると自分に興味を持ってもらえる可能性はぐっと上がりますが、会ってばれた時には完璧に信頼を失ってしまいます。 逆の立場で考えれば分かると思いますが、平気でうそをつける人と結婚したい人はまずいません。

また、ジョークの一つだとか、会ってばれても笑って流せばいいと思って軽い嘘を書くのも全くお勧めできませんので、やらないようにしましょう。

親しみのある文章を書く

婚活をする理由に多いのが、仕事をしているためと言うものです。仕事が忙しく、気づいたら婚期を逃していたという感じです。

これはつまり、婚活をする人は仕事が出来る人、仕事ばかりしていた人という事とも言えて、プロフィールの文章がついついプレゼンの資料や履歴書のようになってしまっている人が少なくないのです。

簡潔で、整然とした文章はとても読みやすく、仕事ではとても良い効果を出すと思いますが、結婚や恋愛と言う点ではあまり向いていない書き方です。 平たく言ってしまえば親や友達などにメールをする感じで書いても大丈夫だと思います。 親しみのある、柔らかい文章を書くのを心がけてみましょう。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら