結婚相談所ランキング
口コミ総数:89
申し込みが来たとき

結婚相談所で自分に申し込みが来たとき

出来るだけ会ってみる

結婚相談所に入会すると、異性を紹介してくれて、良いと思ったら会う段取りを付けます。これは異性にも同じことが言えます。 つまり、自分のもとに会う段取りを付けたいという申し込みが入ることもあり得るという事です。

この時は、相手のプロフィールを読み、カウンセラーから話を聞いて、気に入った相手であれば了承の返事を出しましょう。 会うのをためらう場合は無理に会う必要は無く、お断りの旨を伝えても良いですが、よほど条件から剥離しているとか、絶対に会いたくないという場合を除いて、出来るだけ会ってみるのをおすすめします。

やはり、プロフィールだけでは100%の判断をするのは難しいためです。 プロフィールがいまいち、条件もいくつか異なる所があったとしても、実際に会ってみるととても素敵な人だったというケースは全く少なくありません。

特に、自分に申し込みをしているという事は、相手は少なからず自分に対して好意を持っていることに繋がりますので、自分さえよければ簡単に交際に発展するのです。

断りの旨を伝える場合

会うのを断る場合には無理に会う必要はありませんが、必ず断りの旨、理由を伝えるようにしてください。
逆の立場になって考えるとよくわかると思います。自分が気に入って会いたいと思った相手が何となくなど、適当な理由で会いたくないとか、無視されているかのようにいつまでも返事がないととても傷つきますし、がっかりします。

断られることも良くあることではあります。しかし、最低限の配慮、マナーとして出来るだけ早く決断をして、会わない場合はすぐに断りの連絡をして、理由もある程度細かく挙げておきましょう。

もし本当に断る理由が無く、何となく合わなそうと言うだけで会いたくないという場合は、その旨を正直に担当者に伝えると、上手く対応してくれるはずです。

積極的に会った人の方が成婚率は高い

ただ、やはり積極的に顔を合わせた人の方が、成婚は早いものです。
多くの結婚相談所のカウンセラーと話す機会がありましたが、ほとんどの方に共通して言っていたことが、積極的に顔合わせをする人ほど、成婚が早いという点です。

条件にこだわり過ぎるということは、プロフィールを読んだ時点で会う必要が無いと判断してしまうことになります。
プロフィールはあくまでも参考、人となりのほんの一部分だという事にとどめて、決断は会ってからと言うのが一番結婚への近道になると思います。
出会いの数が最も重要ですので、積極的に動きましょう。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら