結婚相談所ランキング
口コミ総数:89
結婚相談所の会員、男女比率について

会員の学歴と職業

最終学歴は大卒、院率の方が多い傾向があります。 何故かと言うと、結婚相談所の会員資格として、定職があるのを条件として定めている所が多いためです。 正社員として働いているという事は、必然的に大学を卒業している人が多くなります。 反対に女性も大卒、短大卒の割合も多いですが、男性よりは学歴には幅があります。

職業に関しては、男性も女性も会社員が一番多いです。 次点で男女ともに資格職が多く、弁護士や看護師、医師などは男女ともにある程度の割合が存在しています。 会員の年齢層 会員数の割合は、やはり20代後半、40代にかけてが多くなっており、男女共にもっとも数が多いのが30代前半の男女です。

また、近年の傾向として熟年離婚、結婚が増えていることから40代、50代以上の男女も増えてきていると言われています。 さらに、オーネットと言う相談所のデータでは、成婚者の3分の1の割合で、パートナーのどちらかが初婚ではなく再婚というデータもありました。 当然ですが、結婚相談所では再婚の方でも手厚いサポートが受けられるようになっています。

会員の年齢層

会員数の割合は、やはり20代後半、40代にかけてが多くなっており、男女共にもっとも数が多いのが30代前半の男女です。 また、近年の傾向として熟年離婚、結婚が増えていることから40代、50代以上の男女も増えてきていると言われています。

さらに、オーネットのデータでは、成婚者の3分の1の割合で、パートナーのどちらかが初婚ではなく再婚というデータもありました。 当然ですが、結婚相談所では再婚の方でも手厚いサポートが受けられるようになっています。

会員の男女の比率

結婚相談所は、男性よりも女性の方の会費が高いのが一般的です。 また、当然異性の割合が少ない=同性の割合の方が高いという相談所よりも、異性の割合の方が多い方が良い出会いの確率は高くなります。

ここで、大手の結婚相談所の男女割合をご紹介します。流動的で、タイミングによってバラつきはありますが、意外と各社とも同じぐらいの男女比率なのが特徴です。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら