結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

結婚はもはや必ずするものではなく、噌好品になった?

結婚したいというのも本心、しなくても良いというのも本心?

結婚相手を探すことに頑張った女性たちも、実のところ、依存型の女性であることがほとんどです。それでは、同じ依存型の女性なのに、一方は理想の男性と結婚できて、もう一方は結婚すらできていないのは、どうしてなのでしょうか。

依存型の女性たちの中でも、実家で生活をしているパラサイト型の人たちは、結婚に対して貪欲さが欠けています。

その一方で、何が何でも条件のそろった男性と結婚すると決意しているようなタイプの方は、これはと思った男性を自分のものにするためにありとあらゆることをします。そうなると、当然、後者のタイプの方が男性を手に入れます。

一方、自立型の女性はどうでしょうか。面白いことに、全てを兼ね備えている人は、仕事の時のやり手ぶりとは打って変わって、自己アピールは苦手だったりします。というよりも、仕事ほど、それをすることに重きを置いていないのかもしれません。

すなわち、依存型でパラサイト型の女性と、自立型の女性はよく似ているのです。どちらのタイプも結婚したいと言っているのもまた本心ですが、自分の思い描く条件をクリアしなければ、別に結婚しなくても良いとも、心のどこかで思っているのです。

結婚は、もはや必ずしないといけないようなものではなくなっていているのが現状です。必ずするものではなく、自分の嗜好に合わないひとがいなければ、結婚したくないというのが人が増えています。

結婚はこれまで生活必需品のようなものでしたが、今は嗜好品になったとも言えます。

しかし、実のところ、7割の女性が本心を言えば主婦になっても良いしならなくても良い、仕事を続けても良いし続けなくて良いと思っているのだそうです。

もし、好きになれる人が出来たら、条件を緩めて、かけてみても良いのではないでしょうか。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら