結婚相談所ランキング
口コミ総数:89

周りのプレッシャーから逃避型結婚に向かう女性たち

逃避型結婚でもいい

若い女性の中には、現在の生活が少しずつ重荷になってきて、そこから逃避したい一心で結婚の道を選ぶ人がいる。たとえば社会に出て二、三年、ある程度仕事はできるようになってきましたが、それだげに責任の重さも増してきたとき。仕事が全体として把握できるようになると、どうしても今日中にここまではこなさなければいけないということが見えてきます。

事務職の女性社員が25歳くらいになると、組織の網の自の中で有形無形の圧力がかかってくることがある。人的コストその他の理由から、「若いほうがいい」「まだ結婚しないのか」などと問いかける視線を感じることがあります。また、親の家にいることが重荷になる場合もある。親子関係がぎくしゃくする。両親の仲が悪い。家に帰っても息苦しいと感じる。

そんなとき、それほど強い気持ちを感じているわけではないがつき合っている人がいると、「結婚でもしようか」と考えてしまう。適当なところで手を打つわけだから、いわば不純な動機である。そうして、自分の今おかれた立場から逃げようとします。

親のもとから合法的な家出をする。似たようなことは男性にもある。キャリアを重ねるほど仕事はおもしろくなるが、それに伴ってむずかしさも出てくる。責任も重くなる。時には大きな労力を費やした割には、報われない結果にがっかりすることもあります。経験は豊かになり、仕事への自信もついてくるのだが、満たされない思い、どうしょうもない疲労感が蓄積して、今、この場所から逃げ出したえなるときがあります。

そんなとき、酒で気をまぎらす人、思い切って休暇をとって旅行する人、そしてもっと長持ちのする逃げ場として結婚を考える人がいます。仕事の場とはまったく違う場、孤独の中では得られない、自分に応えてくれる存在があるのが結婚だからです。

女性と違って、男性は結婚に逃げ込んでしまうことはないが、いざとなれば逃げ込める場所がほしいと思うのは男性も同じである。外目にはそれほど深刻でなくとも、精神的に追い詰められている場合もあるだろう。おそらく、結婚するという口実でもつくらなげれば職場から逃れられない立場の女性もいるかもしれません。

精神的に追いつめられて頭痛や腹痛で出社拒否をしたり、家出や無断欠勤に救いを求める深刻な事態を避けるために、結婚を隠れ蓑にすることを黙認してあげたいです。人生は楽しむためにあるので、歯を食いしばってまで、そこに居続げなければならない理由はありません。

人生には逃げ出したほうがいい場面もあります。逃げ込む場所はもちろん結婚ばかりではありませんが、たとえば海外への遊学や留学、あるいは大学に戻って新たなテーマに取り組むことも可能です。宗教にその場を見出す人もある。結婚は選択肢のです。しかし、逃げ込む場として結婚を選ぶのはいいが、問題は結婚したあとです。

息づまる状況から逃げ込んだ結婚生活がうまくいけばいいが、逃げることばかり考えているのでは、それが失敗する可能性は高くなってしまいます。巻き添えにされた相手こそ、いい面の皮ともなりかねません。

仮にほれた弱みで逃避婚につき合わされるとしても、配偶者が自分に対して何をすべきか、契約内容を明確にするよう求めておくことです。たとえば、相手を求める気持ちが弱いからといって、そのことを他人の前ではもちろん、お互いの聞でも決して口にしないこと、という契約は、つまらないいさかいを招かないためにも、自分のプライドを守るためにも要求していいことです。

まだ気持ちが高まらないほうの配偶者は、試走、予行演習と考えて自分の気持ちがどう変わっていくかを確かめていけばいいのである。その際、両親や親戚とのつき合いには適度の距離をおく必要があります。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら